スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




自己催眠のコツ(2)

自己催眠のコツ(2)

難しく考えすぎない事だと思います。

掛かる人には掛かるし、掛からない人には掛からないし、
悩んだところで掛かりやすさは変わらないのです。

それならば催眠状態まで入れなくてもリラックスした状態を楽しめばいいし、
不思議な感覚が催眠状態なのかどうなのかわからなくても
心地よければその感覚を楽しめばいいんですよ。

普段とは違う感覚をどこかに感じたら
それはもう催眠状態に入ってると言っていいと思います。

いつもより頭がボーっとするとか、
体がしびれる感覚、重たい感覚、軽い感覚、だるい感覚。
どんな感覚であれ心地のいい感覚なハズです。

その感覚を楽しめばそのうち深い催眠状態に入れますよ。

気楽に気楽に。です。





Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

スポンサード リンク



FC2投票

参加中ランキング


にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当サイトはリンクフリーです。
でもメールフォームより連絡いただけると嬉しいです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。